無料資料
ダウンロード
0120-948-990
〈受付時間〉 平日9:45~17:30
CONTENT
コンテンツ
HOME > コンテンツ > 失敗しないシステム統合とは?成功に欠かせない「2つの鍵」
2023.11.22

失敗しないシステム統合とは?成功に欠かせない「2つの鍵」

システム統合を進める目的とは? 経営統合の鍵を握る重要性

企業の合併やグループ企業の再編などにおいて、避けては通れない課題が情報システムの統合です。システム統合がうまくいかない場合、経営面だけでなくESGの観点でも大きな影響が懸念されます。そのため、スムーズなシステム統合の実現は経営統合の成否において重要な要素となります。

また、システム統合を実施する目的のひとつに業務効率化・生産性向上があります。
システム統合を行うことで、複数のシステムを一元管理し情報の一貫性を確保することが可能になり、業務プロセスの省力化やエラーの軽減を図ることができます。これにより従業員の負担軽減や手間の削減、迅速な意思決定が可能となります。

このコラムでは、システム統合の3つの主な方法2つの「成功の鍵」について解説します。

システム統合の3つの方法と特徴

システム統合には3つの方法があります。経営戦略や目的に応じて最適な手法を選択できるよう、それぞれの特徴を理解しましょう。

①新規システムの構築
 統合前のシステムを廃止し、新たなシステムを設計・開発します。
 柔軟な対応が可能ですが、時間とコストを要し、リスクも存在します。

②既存システムへの内包
 既存のシステムを存続させ、統合に合わせて機能やデータを移行します。
 必要となる準備期間が短くエラーリスクが低い一方で、業務手順の変更やデータ移行の際に問題が生じる可能性があります。

③双方のシステムを残しながら統合
 既存システムを存続させ、データ連携を行います。
 業務への影響は限定的ですが、システム構造の複雑さや拡張性の制限、データ連携の不具合等が発生するリスクがあります。
 過渡期や複数システムの共存時に利用されます。

これらの方法は、システム統合の途中において予定されている期間やコスト、リスクといった要素に応じて選択していくことが重要です。
(参考:DX推進・業務改革のために押さえておくべきシステム選定のキホン

成功への鍵①:現状の可視化と課題抽出の重要性

システム統合を成功させるためには、統合方法の検討とそのメリット・デメリットの理解だけでなく、以下のポイントにも注力する必要があります。

・現状の可視化を行うこと
 現行の業務フローを明確に把握し、統合前の課題点や問題点を特定する必要があります。
 これを怠ると統合後に業務に混乱を招いたり、期待した成果を得られなかったりすることがあります。

・統合後の「あるべき姿」を明確にすること
 ビジョンを具体化し業務プロセスの標準化を図ることで、統合後の業務効率を向上させることができます。
 統合プロジェクトでは、システム間のデータの統一やプロセスの再設計も検討することが重要です。

さらに、統合計画の策定とリソースの適切な管理も欠かせません。統合計画は多くのステップとリソースを必要とし、実施期間やエラー対応のためのパラレル稼働期間を考慮する必要があります。過不足のないスケジュールとリソースを用意することは、プロジェクトの進行や品質管理において非常に重要な要素です。
(参考:As-IsからTo-Beへの挑戦!新業務フロー作成5ステップ

成功への鍵②:統合計画とリソース管理の重要性

システム統合は、企業の成長戦略や競争力向上において重要な要素です。
失敗を未然に防ぐためには、統合方法の選択と計画立案の段階から入念な準備を行いましょう。
成功への鍵となるのは、正しい手法と戦略的なアプローチです。

経営統合の成果を最大限に引き出すためには、適切な計画立案と実施が欠かせません。
システム統合は、業務フローの改善やシステム機能の統合によって効率化を実現する機会でもあります。
このため、統合方法の検討、現状の可視化、統合後のビジョンの明確化、計画立案とリソースの適切な管理に注力することが必要です。

成功への道は挑戦的ですが、統合プロジェクトにおいて正確な情報と的確な判断を持ち、柔軟に対応する姿勢が必要です。
統合の目標達成に向けて正しい手法で着実に進めば、企業の競争力向上や成長戦略の成功に大きく貢献することができるでしょう。

下記の資料では、システム統合時の細かなステップやポイントについて、図解しております。ぜひご覧ください。

バックオフィス

システム統合の進め方

ーシステム統合を成功させるポイントー

資料ダウンロードはこちらから

無料メルマガ無料メルマガ