無料資料
ダウンロード
0120-948-990
〈受付時間〉 平日9:45~17:30
SERVICE
サービス

HOME > サービス > バックオフィス診断

バックオフィス診断

間接部門の見直しは会社運営において優先順位が低くなりがちですが、放置するとコストの肥大化が生じます。
本サービスは、間接部門(バックオフィス・ミドルオフィス)の現状を把握するための診断サービスです。
WEB上のアンケートシステムによる診断~レポートまで3万円でご提供します。

こんなお悩みありませんか?

経営者として間接部門の業務や状況が良くわからない
間接部門のやる気がない、受け身の待ち姿勢
スタッフメンバーがいつも忙しいと言っている
スタッフ部門の業務が属人化・ブラックボックス化している
スタッフ部門の育成方法がわからない

私たちにお任せください!

間接部門の見直しは会社運営において優先順位が低くなりがちですが、放置するとコストの肥大化が生じます。
まずは、間接部門の業務の可視化が必須で直間比率を意識することが重要です。
またコスト削減のみを目的とするのではなく、業務の定量化を行い必要な業務に必要な人員を配置し、生産性及び会社の業績を意識した間接部門を設置すること、併せて削減できた人員は付加価値の高い業務にシフトさせ業績アップに貢献する人員に変革させることが大切です。
まずは間接部門の状態を把握し、可視化するためにも一度診断を受けてみることをお勧めします。
診断~レポートまで3万円で診断いたします。

経営層・営業部門・間接部門の3つの視点から診断
間接部門における課題は、間接部門だけでなく、会社運営にかかわる他部門との関係性や、企業としての定量的な状況を踏まえ現状の課題を把握することが大切です。
本診断では経営層、営業部門、間接部門の3点からの評価・回答から総合的に診断いたします。

経営層
間接業務の可視化(間接部門の数値情報)

営業部門
営業部門から客観的にみた間接部門との連携状況

間接部門
6つのテーマをもとに、間接部門に従業員・スタッフの業務状況、マインド面の把握
①会社方針の浸透 ②業務の標準化 ③デジタル化
④営業部門の理解 ⑤モチベーション ⑥評価の仕組み

上記3つの視点をアンケート形式にてご回答いただき、現状のバックオフィスにおける課題から優先順位の可視化を行います。

診断内容のレポート提供・ご相談の実施
本診断サービスによる回答内容から、定量と定性の両側面からの分析結果についてレポートをご提供いたします。

また現状把握によるお悩みなどのヒアリングも含めて診断結果のフィードバック、ならびにご相談も対応させていただきます。

サービスフローについて

よくあるご質問

Q
代表者(経営者)が回答できない場合には代理でも可能でしょうか。

はい、アンケート内容についてご回答できる代理の方でも問題ございません。

Q
営業部門が多岐に渡っているが、特定の部署にするなどの調整は可能でしょうか。

営業部門による評価の回答数は、ご相談に応じます。

Q
診断実施からレポートまでどのくらいの期間が必要ですか。

アンケート回答期間は2~3週間で締切、1週間後にレポート提出致します。
スタート時期や回答期間は相談ください。

Q
このアンケートはどのような形式で実施されるのでしょうか。

間接部門・営業部門のアンケートは、PC・スマートフォンで回答いただきます。
経営者へのアンケートについては、定量情報とアンケートを直接記入するデータを送付させていただきます。

Q
金額はどのくらいかかるのでしょうか。

本診断サービスは3万円で実施させていただきます。