無料資料
ダウンロード
0120-948-990
〈受付時間〉 平日9:45~17:30
SERVICE
サービス

HOME > サービス > バックオフィスコンサルティング

バックオフィスコンサルティング

バックオフィスや営業事務などのスタッフ部門において、コスト削減だけではなく、
業務効率や生産性意識向上を通じた業績貢献までをワンストップで支援するコンサルティングサービスをご提案します。
業務改善・可視化、工数管理、スタッフ研修、RPA導入支援など、バックオフィスに特化したコンサルティングメニューをご用意しております。

こんなお悩みありませんか?

業務内容が見えず、ブラックボックス化している
業務が属人化し、生産性向上の切り口を見出せない
間接部門が受身の待ち姿勢で主体性を感じない

私たちにお任せください!

バックオフィスコンサルティングは、コンサルティング会社が母体である当社のノウハウを活かし、貴社のバックオフィス部門(総務・人事・経理など)やミドルオフィス(営業事務)の状態を把握、可視化し、コスト削減のみを目的とした間接部門の見直しではなく、間接部門の業務効率向上から事務スタッフの意識向上~稼げるスタッフ~までをワンストップで支援するコンサルティングサービスを提案します。

可視化支援
間接部門の改善の一歩は、可視化から始まります。「見えない」「ブラックボックス化」になっている状態からまずは現場社員の方々のヒアリングを行います。1人1人がどの業務区分で業務を実行しているかを明らかにした上で、改善の糸口を見出します。また、業務だけでなく、工数の把握も重要です。改善後の成果や継続的な改善を促すための指標につなげるために工数管理の導入をお薦めしております。

【主な内容】
■業務棚卸
■工数管理導入
■属人的業務・ブラックボックス化の解消
■KPI指標算出

生産性向上・DX化支援
間接部門の業務は、前任者から引き継がれた過去のやり方の踏襲や、現場任せになりすぎると誤った業務改善になりがちです。業務フローを考える際は、直接部門の動きを理 解し、期日設定・他部署との 連携・業務の影響までを考慮した活きた業務フローの作成が必要です。この業務整理が、その後のRPAやその他のツール導入の効果を最大化していくことにつながります。

【主な内容】
■業務フロー見直し
■マニュアル作成・運用
■RPA導入・運用
■BPO活用、システムツール導入

組織活性化支援
間接部門はミス発生の軽減や、個人の頑張りなど、内向きの評価に走りがちです。そのため、数値に基づいた評価制度を導入している間接部門は意外と少ないです。定量部分ではKGIやKPI数値、定性部分は目標に達するための行動や取り組みを評価する等、視点を変えれば評価できる項目は多々あります。可視化と定量化により、透明性のある評価制度を導入することが間接部門の活性化につながります。

【主な内容】
■評価制度導入・見直し
■KPI評価、目標管理(定性)評価
■間接部門向け研修

新サービス開発・構築支援
業務改善や生産性向上の目的は、付加価値の高い業務へのシフトを通じた労働生産性の向上と企業への収益貢献です。業務改善を行い、時間を創出しても既存の業務が肥大化し、元の状態に戻っては本末転倒です。創出された時間をコア業務に集中し、収益性の高いコア業務にリソースを転換していくことで、プロフィットセンター化による稼げるスタッフを目指していきます。

【間接部門の新業務例】
■顧客サポート力強化、コールセンター設置
■インサイドセールス、WEBマーケティング部門
■RPA内製化

サービスフローについて

よくあるご質問

Q
依頼をする場合は、まずはどうすればよいでしょうか。

サイト内のお問い合わせページから必要事項をご記入の上、ご連絡ください。

Q
課題が明確という状態ではないのですが、ご相談などは可能でしょうか。

はい、問題ございません。
具体的な問題や課題が漠然の場合でも、現在の状況や課題認識についてお聞かせください。尚、初回のご相談については無料にてご対応させていただきます。

Q
定められた契約期間などはあるのでしょうか。

お客様の課題やご要望に応じて、双方の合意の上、調整させていただきます。

Q
スポットでの依頼は可能でしょうか。

はい、可能です。お客様の課題やご要望に応じて、ご提案をさせていただきます。

Q
金額はどのくらいかかるのでしょうか。

お客様からのご要望や支援内容によって異なります。まずは、お問い合わせページよりご相談ください。